photo
When I was young BOY ABOUT TOWN
Vol.53 |
グッドバイからはじめよう
〜中野、脱退。そして新しくはじまるTokyo Quadoro Marketの日々〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.52 |
1980年代の西武百貨店(後編)
〜取り戻せ、あの頃の夢。80年代の終焉と近づいた90年代の足音〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.51 |
1980年代の西武百貨店(前編)
〜新年最初の考察は、大衆文化における自分の出自について〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.50 |
追悼〜ルー・リード
〜巨星逝く。そして衰えぬパワーで日本を席巻したポール・マッカートニーの事も〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.49 |
我が青春のビートルズ、そして21世紀の『アビイ・ロード』
〜世紀の瞬間に立ち会える!?奇跡の写真展の開催に寄せて〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.48 |
着る事がメッセージ
〜なぜに私達はROCK Tシャツを愛して止まないのか〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.47 |
フィルモアの幻影よ永遠に。。。。
〜フェスの〈在り方〉って何処からやってきたんだ?ってお話〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.46 |
ネクタイ、キリリと。
〜ロックの背筋を整える(笑)?、ネクタイの意味〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.45 |
Feel between the colors!
〜「色彩」の奇跡と音楽面からの検証、さらにあの作家のこともチョットだけ(笑)〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.44 |
誰も知らないマリアンヌ・フェイスフルの話
〜パーティーが終わっても、スウィングし続けた本当の輝き〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.43 |
巻きモノ、大好き!
〜ロック的!?過剰な「もう一品」盛りについて〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.42 |
メディアとしてのデヴィッド・ボウイ
〜早すぎる「引退宣言」の撤回を祝福して〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.41 |
イメージの贈り物
〜長文失礼!の先月号、あとがきに代えて〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.40 |
音楽の贈り物
〜The Jamの最終作品『The Gift』30周年記念BOXの衝撃〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.39 |
年の瀬に思う、偏愛とそこで生まれる責任について
〜大好きなモノをワッペンのように、バッヂのように〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.38 |
ROCKの老後と未来について考える
〜ほぼ還暦を迎えた文化と、貢献者達の訃報ラッシュに黙して祷ること〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.37 |
Paul Wellerがやってくる!/やって来た!
〜30年以上も愛し続けているアイコンって??〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.36 |
Real me、そして「僕を見て、感じて、触れて、癒して」まで遡る
〜ROCKER AND HOOKERデザイナー=中野恵介の〈叫び〉の中でThe Whoは鳴っているのか?〜 | ROCKER AND HOOKER(ロッカーアンドフッカー)
Vol.35 |
気になる「二人」
〜形骸化しつつある「コラボレーション」の意味を考え直す〜
Vol.34 |
Africa Calling
〜真夏の都市、蜃気楼の果ての情景として〜
Vol.33 |
「パーティーへ行こう!」って言葉にしてみよう
〜「ちょっとしたパーティーって、何?」っていうYOU(NHK『彼女』より)のセリフに爆笑しつつ〜
Vol.32 |
長澤知之、神話(かみ)無き世界で愛を謳う
〜〈救済〉というありふれていながらも意外に希有な表現について想う事〜
Vol.31 |
あの頃、洋楽がキラキラ輝いていた日々
  〜『アメリカン・アイドル』は不況の音楽市場の救世主となるのか?〜
Vol.30 |
夏はこれからだ!(*注:恐縮ながらCOILの名曲とは関係ない内容です)
  〜〈ポロシャツ〉という言葉の響きに想う、文化と郷愁〜
Vol.29 |
作品と商品の距離 Part.2
〜Lana Del Reyの想定内の来日中止に捧げる(大苦笑)〜
Vol.28 |
「享楽主義」という誤解について
〜ROCKとFASHONという「無くても良い」モノ達のサヴァイヴァル〜
Vol.27 |
歴史は繰り返す?いや繰り返してこそ!
〜Aerosmithの想定外の来日に対して揺れる日々の愛おしさに向けて〜
Vol.26 |
They didn't know〜
やがて訪れた日々と、憧憬に胸焦がしていた日々との間
Vol.25 |
「好きなモノ」を思い切り「好きッ!!」と言う
Vol.24 |
永遠の夏休み
〜フリーズして動けない、時をかける思い出〜
Vol.23 |
「想い出」と「時間」の値段は決められない
〜相場っていう、もっともらしい<思い込み>について〜
Vol.22 |
「ROCK的」なモノがkicked start my heart
〜酒と薔薇の日々への憧れと追想〜
Vol.21 |
「フェティッシュ」について思いつく二、三の事柄
Vol.20 |
遠い初夏の日、遠い場所
Vol.19 |
扉の数は人の数だけ
Vol.18 |
僕たちが若かった頃
〜もう一つの光と闇〜
Vol.17 |
ARTとFASHIONの辺境
〜その趣味性と諧謔〜
Vol.16 |
In The Year Of The~~
Vol.15 |
For dear Funboys(and girls)!!
Vol.14 |
Art or Merchandise
〜作品と商品の距離〜
Vol.13 |
Jimi Hendrixから始まったこと
Vol.12 |
迷宮と、偏執と、そしてブリューゲルの夢と
Vol.11 |
タルホとクシー君と蝶ネクタイ
Vol.10 |
あの日のPaul Weller 〜Part 2〜
Vol.9 |
あの日のPaul Weller 〜Part 1〜
Vol.8 |
Kickiin' out all those f●●kin' categories!!
Vol.7 |
AC/DCがやって来る!
Vol.6 |
80'S IS GREAT !?
Vol.5 |
今更「さらば青春の光」って(苦笑)??
Vol.4 |
「NO RULES」MAKES「NEW MODE」!
Vol.3 |
ビル・グレアムのフィルモアそして個人的なヘイト・アシュベリーの白昼夢(後編)
Vol.2 |
ビル・グレアムのフィルモアそして個人的なヘイト・アシュベリーの白昼夢(全編)
Vol.1 |
ザ・ジャム「THE GIFT」
Copyright © 2009 ROCKER AND HOOKER. All rights reserved.